トレーニング器具とプロテイン

トレーニング

プロテインの種類と摂取のタイミング

筋トレといえばプロテインを思い浮かべる人もいるでしょう。

実際にスポーツジムでプロテインを飲んでいる人を見かけたり、プライベートジムなどでもトレーナーにプロテインを進められたことがあるという人もいるかも知れませんね。

しかし、プロテインを飲むメリットについてイマイチよくわからないという人もいるかも知れません。
また、プロテインは飲むタイミングを重要で、正しいタイミングで飲んでいないと効果を感じづらいかもしれません。

そこで、今回はプロテインの効果やプロテインを飲むタイミングについて調べましたので参考にしてください。

プロテインとは?

それでは、まずプロテインとはどのような効果を持っているのでしょうか。

また、どんな成分を含んでいるのでしょうか、確認してみましょう。

筋肉に必要なタンパク質を効率よく摂取できる

英語でタンパク質の事をプロテインといいます。
その名前の由来からもわかると思いますがタンパク質が主な成分です。

タンパク質は人間に必要な3大栄養素の一つと言われており、筋肉を効率よく形成するために必要な成分です。

プロテインを摂取するメリット

プロテインの主な成分がタンパク質という事はわかったと思いますが、それではわざわざプロテインを摂取するメリットはなんでしょうか?

簡単にタンパク質を取り込める

プロテインを利用する一番のメリットといえば簡単に必要な量だけタンパク質を取り込めると言うことです。
また、カロリーや脂質などを抑えてタンパク質を取り込める為、筋トレやボディメイクに最適です。

プロテインにはパウダータイプやバータイプ、タブレットタイプなどがあり、すぐ摂取でき効率よく吸収されるようなっています。

プロテインの種類

プロテイン

それでは、プロテインにはどの様な種類があるのでしょうか?
簡単に説明してきますので参考にしてください。

ホエイプロテイン

ホエイとはヨーグルトやチーズなどを製造する過程でできる水溶液です。

この水溶液には豊富なアミノ酸(タンパク質を構成する)が含まれており、このアミノ酸を主な成分として利用しているのがホエイプロテインです。
ホエイプロテインは吸収が早いため特に運動直後に摂取する事で効果を発揮します。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインはホエイプロテインと同じくチーズやヨーグルトなどの乳製品が原材料となっています。
ホエイプロテインとの違いはホエイプロテインは水溶液が主な成分でしたが、カゼインプロテインは乳固形分が主な成分となっている点です。

ホエイプロテインとは違い、固形成分が主成分であるため吸収には時間がかかります。
運動直後に摂取するというよりは、空腹時や寝る前などに摂取し徐々に体に浸透させていくといった使い方の方が良いでしょう。

ソイプロテイン

ソイエプロテインは植物性のプロテインです。
大豆を原料としていて、緩やかに吸収されていくのが特徴です。カゼイプロテイン同様に吸収に時間がかかるため腹持ちが良いプロテインです。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、美肌効果や新陳代謝を促します。

プロテイン摂取のタイミング

プロテインを摂取するメリットがわかったところで次はプロテインの正しい使い方について説明してきます。
正しいタイミングで摂取する事でも効果が変わってきますので念頭に入れておきましょう。

トレーニングが終わってから30分以内に摂取

プロテイン摂取のタイミングはトレーニングが終わってから30分以内がベストと言われています。
トレーニング後は激しく活動した筋肉が栄養補給をするタイミングで、効率よくプロテインを吸収する事ができます。

また、プロテインを摂取する事でトレーニングで損傷した筋肉の回復を促すことができ翌日の筋肉痛を和らげる効果もあります。
プロテインを摂るのであれば、トレーニング後30分以内がおすすめのタイミングです。

まとめ

筋トレの後はプロテインというくらい浸透していますが、その種類や効果は様々です。
トレーニング後30分以内の摂取を心がけるだけで、効果を高めるだけでなく筋肉痛の防止にも役立ちます。

また、カゼインプロテインはホエイプロテインのほうが即効性が高くトレーニング直後の使用に向いています。
このようにいくつかポイントがありますので、理解して摂取することでより効果を高めることができます。

あなたの理想の体作りのために少しでもお役に立てて頂けましたらと思います。

-トレーニング

Copyright© パーソナルジムおすすめ.com , 2020 All Rights Reserved.